障害者就労移行支援Q&A

Q1.就労移行支援事業所とはどんなところですか?

 障害をお持ちで、一般企業への就労を目指す方が、就職に必要な訓練や支援を受けられる機関です。

Q2.具体的にどんな支援を受けられるのですか?

事業所によって特色は様々ですが、主に
・企業選定などの就職相談
・就労先で必要となるスキルの訓練
・履歴書の作成支援や面接等の対策
・継続した就労のための定着支援
等があります。

Q3.どこが運営しているのですか?

主に社会福祉法人、NPO法人、株式会社など運営の母体は様々です。
(当事業所は株式会社テリオスが運営しています。)

Q4.公的なところですか?民間ですか?

民間です。

Q5.どこにあるのですか?

所在地は様々です。各事業所のパンフレットなどをご覧ください。
(当事業所は金山駅より徒歩5分の場所にあります。)

Q6.利用するにあたり手続き方法は?

まずは、興味のある事業所に見学・体験の申し込みの電話をしてください。
その後、各市町村役場や保健所で手続きを行います。

Q7.たくさんあってどこを選んだらよいか分かりません。自分にはどこが合っているのでしょうか?それぞれの特徴を教えてください。

事業所の特色は様々です。ハローワークの窓口で各事業所のパンフレット等を準備してありますので、その情報をもとに興味のある事業所に連絡し、実際に見学等をしてご自身の目でお確かめください。
(当事業所はIT関連企業への就職を目指した事業所です。)

Q8.通い始めて自分に合わない場合、他の就労移行支援事業所へ異動することはできますか?

可能です。ただし、利用期間については通算して最大2年ですのでご注意ください。

Q9.費用はかかりますか?

前年度の収入に応じて利用料が発生する場合がございます。詳しくは市町村の窓口でご確認ください。

Q10.自分にあった求人を紹介していただけるのでしょうか?

ご本人の希望や特性を様々な角度から見た上で、ご紹介・ご相談することはございますが、ハローワークとのつなぎとしての連携支援を行う福祉サービス事業所とご理解ください。

Q11.訓練の内容は何ですか?

事業所ごとに訓練内容は様々です。

Q12.毎日行かないといけないでしょうか?

就職を目的とするため、就職した際に必要な体力づくりや生活リズムづくりも兼ねて、希望する就業形態に合わせた利用ができるようになることをお勧めします。
初めからフルタイム(テリオスの場合9:30〜16:30)が難しい場合は、短い時間での利用も可能です。ただし、徐々に希望する就職の形に合うように通所していただくことになります。

Q13.利用できる期間は決まっていますか?

基本的には2年間です。

Q14.利用した場合のハローワークとの相談方法はどうなりますか?

就職する際にはハローワークを経由しますので、基本的には変わりませんが、ハローワークによってはチーム支援という形で、就労移行支援事業所の支援者、ハローワークの担当者、ご本人の三者面談で相談を進める場合があります。
また、事業所職員と一緒にハローワークへ相談に行くことも、今まで通りお一人で相談に行くことも可能です。

Q15.ハローワークにある障害者就業訓練校と何が違うのですか?どちらに行ったほうがよいですか?

主な違いは以下の通りです。

障害者就労移行支援事業所 障害者職業訓練校
期間 最大2年 1ヶ月〜1年
入所(校)時期 随時 開催訓練毎に一斉入校
就職後のフォロー 有り 様々
利用料金 前年度の収入による 無料(教材費別)

Q16.デイサービスよりこちらのほうがよいですか?

利用の目的により異なります。
デイサービスは日常生活での訓練や支援を目的としています。
就労移行支援事業所は、近い将来に就職を目指す方が就職に向けた訓練や支援を行います。

Q17.2年間は通い続けるのでしょうか?就職は2年先ですか?

最大利用期間は2年ですが、必ずしも2年間通う必要はありません。
人によって就職されるタイミングは様々です。

Q18.利用した後に就職したところを離職した場合、再度利用は可能ですか?

場合によって異なります。利用の可否の判断は、各市町村になります。市町村によって必要と判断される場合は再利用が可能です。

Q19.雇用保険を受給しながら利用できますか?

失業給付を受給しながらの利用も可能です。